小林慎一 14年8月30日放送

140830-02
天国と地獄の年月

1905年。
特殊相対性理論を発表した後、
一般相対性理論へのアイデアを得たことを
アインシュタインは「人生の中でもっともすばらしい考え」と呼んだ。

しかし、それに続く年月の精神状態を、
次のように友人達に手紙を書いている。

「脳みそを拷問にかけるように絞り上げた」
「精神病院に閉じ込められる危機」「地獄の責め苦」

アインシュタインはこの試練に耐え、
1915年、ついに一般相対性理論を完成させる。

時間と空間はお互いにからみあう「時空」であり、
伸び縮みする時空こそが重力の根源である。
リンゴは地球の重力に引っ張られ落下するのではなく、
地球の質量によってできたくぼみに転がり落ちて行く。
理論は完成した。

しかし、次は、観測による実証という戦いが待っていた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login