三島邦彦 14年8月31日放送

140831-02
あの人の夏 いわさきちひろ

淡く幻想的な色彩で
こどもたちの姿を
描き続けた画家、
いわさきちひろ。

1945年8月。
ちひろ26歳の夏。
戦争が終わった翌日からつけはじめた日記が残っている。

 青草がそっと足になびいてたまらなくいとしい。
 この草草の色、山のあおさ、日本の大空よ!!


青春をまるごと戦争に奪われてしまった女性は、
その五感で、これまでとは違う夏を感じていた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login