松岡康 14年11月16日放送

141116-06
松下幸之助の謝罪

許して、受け入れる。
今日は国際寛容デー。

1964年の大不況は家電業界を直撃し、
松下幸之助率いる松下電器の販売会社は
軒並み赤字に陥った。

ある日幸之助は販売会社の社長たちを熱海に招いた。
お互いに不満を爆発させ、話し合いは12時間にも及んだ。
最後の30分、幸之助は涙しながらいう。

 結局は、松下電器が悪うございました。

この謝罪が、場の空気を一瞬で変えた。
お互いが反省し合い、許し合い、協力を誓う。
その後、松下電器の改革は急速に進み、経営は回復する。

人は、互いを許すことで、
前を向くことができる。
きちんと謝ることは、
よりよき関係へのスタートラインなのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA