中村直史 14年11月23日放送

141123-01 ぱちょぴ
鉄川与助と教会 その1

その若い大工は、西洋建築のことなど何も知らなかった。
ただ、一人のフランス人神父との出会いが彼の運命を変える。
長崎の小さな島に生まれた大工、鉄川与助(てつかわ よすけ)。

生涯仏教徒であったにもかかわらず、
フランス人のド・ロ神父から教わった教会建築に没頭し、
長崎を中心に、30を超える美しい教会を建立した。
それはまだ、日本に信仰の自由が認められて間もない頃の話。
彼が立てた教会の数々は、世界を驚かせた。

長崎の教会群は、世界遺産に登録されようとしている。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA