2015 年 3 月 1 日 のアーカイブ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-01
人体と会話した男たち アレクサンダー・フレミング

イギリスの細菌学者アレクサンダー・フレミングが
ブドウ球菌の培養をしているときに、その事件は起こった。
実験中の皿に青カビが舞い込み、
ブドウ球菌の成長を止めてしまったのだ。
しかし彼は、この無惨な実験結果から
インスピレーションを得た。
青カビを培養し濾過した液体には
抗菌物質が含まれている。
世界初の抗生物質「ペニシリン」の発見だった。

偉大なる発見は、失敗から生まれることが多い。


topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-02
人体と会話した男たち ウイリアム・ハーベー

「体の中を循環する血液。そのスタート地点は肝臓である」

「心臓の壁には無数の穴が空いている」

これは17世紀まで本当に信じられていた学説だ。
イギリスの解剖学者ウイリアム・ハーベーは、
それを真っ向から否定した。

彼の血液循環論によると、
血液はポンプの役割を果たす心臓を出発点とし、
動脈から静脈に流れ、また心臓に戻る。

今なら小学生でもわかりそうな知識だが、
そんな学説を唱えたハーベーを
当時の人々は「いかさまの医者」と陰口を叩いた。

真実はいつも困難を伴う。


topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-03
人体と会話した男たち ロベルト・コッホ

ドイツの片田舎に住んでいた医者が、
妻に買ってもらった顕微鏡で
炭疽病の研究に没頭する。
そして炭疽病の原因は微生物だと突き止め、
特定の微生物が特定の病気を引き起こすことを
はじめて証明してみせた。
彼の名は、ロベルト・コッホ。
ただ一種類の細菌だけ純粋に培養する方法を編み出し、
それはやがて結核菌やコレラ菌の発見にまで繋がっていく。

細菌学の権威となったコッホは、活躍の場を世界に広げる。
南アフリカで流行病の治療法を研究し
インドに赴きペスト菌の免疫を調査すると、
再びアフリカへ向かった。

晩年、コッホは妻とともに世界一周をする。
だが残念なことに、若かりしころ顕微鏡を買ってくれた妻ではなく、
のちに再婚した30歳も年下の女性だった。

永遠の愛というものは、学者でもなかなか発見できない。


topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-04
人体と会話した男たち 北里柴三郎

1860年に勃発した
フランスとプロイセンの戦い、普仏戦争では
兵隊の3分の1が破傷風で死んだと言われている。

治療法としては、病原菌の純粋培養が期待されたが
当時の技術では不可能というのが一般的な意見だった。

日本の医学者、北里柴三郎は
細菌学の権威、ロベルト・コッホに師事したのち、
破傷風の純粋培養に成功してみせる。
コッホは優秀な門下生の働きに、こう自慢したという。

「私のところには、北里がいる。」


topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-05
人体と会話した男たち ルイ・パスツール

それは、世界最古の発見だった。
中国の遺跡で発見された陶器には
醸造酒の成分が残っていた。
つまり紀元前7000年あたりには
すでに酒が飲まれていたことを証明する。

それほど長い歴史を持ちながら、
「なぜアルコールができるのか」という
単純な理由が明らかになるのは、19世紀を待つことになる。
発見者はフランスの生化学者、ルイ・パスツール。
醸造業者から受けた依頼がきっかけだった。
ワインの樽が2つあり
片方は発酵してアルコールになるが
もう一方は酸っぱくて飲めないと言う。
パスツールは、
発酵した樽には酵母菌が存在し、
アルコール発酵の要因となることを突き止める。
そしてフランスの醸造業者の危機を救ったそうだ。

細菌学の権威とも言われるパスツールだが、
実はお酒の功労者でもあったりする。
パスツールさん。
いつも美味しいワインをありがとうございます。


topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-06
人体と会話した男たち フレデリック・バンティング

膵臓から分泌されるインスリンが不足すると、
血液中の糖が増加していく。
今や10秒もあれば糖尿病の情報くらい
インターネットで簡単に見つけられるが、
ほんの100年前まで
その原因すらわかっていなかった。

カナダの医学者、フレデリック・バンティングは
膵臓のランゲルハンス島から分泌される
インスリンの抽出に成功する。
それはやがて遺伝子工学の扉を開くきっかけにもなるのだが・・・
ちょっと糖尿病が心配になった皆さん。
春になったら健康診断に行きましょう。



topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-07
人体と会話した男たち ロナルド・ロス

マラリアの語源はイタリア語である。
直訳すると「悪い空気」。
その病原菌は、蚊によって媒介されるが
全ての蚊が犯人ではない。
全世界で2500種類と言われる蚊の中から
真犯人のハマダラカを発見したのが、
イギリスの医学者ロナルド・ロスだった。

それは、小さな蚊の小さな胃の中を調べるという
気の遠くなるほどミクロな作業。


topへ

佐藤延夫 15年3月1日放送

150301-08
人体と会話した男たち イワン・パブロフ

犬に餌を与えるとき必ずベルを鳴らすと、
やがて犬はベルの音を聞いただけでよだれを流す。

「パブロフの犬」という
あまりにも有名な条件反射の話だが、
ロシアの生理学者イワン・パブロフは、
その後も実験を繰り返した。

ベルの音を聞かせるだけで餌を与えなかったらどうなるか。
ベルを鳴らしたあとに犬の気を散らすような刺激を与えると、どんな結果になるか。

年数にして30年。
亡くなる3年前までパブロフは、このような実験を繰り返した。

ちなみに、パブロフがノーベル賞を受賞したのは
食べ物を消化する「消化腺」のはたらきについてなのだが、
壇上でのスピーチでは、条件反射の話ばかりしていたそうだ。


topへ


login