新井奈生 15年6月13日放送

150613-02
「マイケルの衝撃」

スモーキー・ロビンソンの代表作に、
Who’s loving youという曲がある。
失恋した男が苦しみ、
彼女に戻ってきてくれと嘆くブルースだ。

“お前が俺のものだったときは
酷く扱ったよな 間違っていたよ
俺は頭を抱えてへたり込んでいるんだ
誰かがお前を愛してるかもしれないってね”

後にこの曲は、ジャクソン5時代の
マイケル・ジャクソンが歌い喝采を浴びる。

スモーキーはこう語っている。

「マイケルのテイクを耳にしたとき、
 すぐに彼の出生証明書を確認したよ。
 あんな小さな男の子が僕の人生を完璧に歌えるなんて、
とても信じられなかったんだ。」

このとき、マイケル・ジャクソンは10歳だった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login