森由里佳 16年7月24日放送

160724-03
文(ふみ) 切手デザイナー:切手に、物語を。

2003年にはあみものをしていたひつじが、
2015年には完成したマフラーをまいている。
2004年には一匹で温泉に入っていた猿が、
2016年にはこどもの猿と二匹で温泉を楽しんでいる。

これを聞いて、ピンとくる人もいるだろう。
話題になった、年賀ハガキのデザインだ。

日本中を虜にした遊び心の持ち主は、
切手デザイナーの星山理佳(あやか)。

 いろんな表現があるけれど、
 歴史をのこし伝えていく切手をつくっていきたい。


そう語る彼女だからこそ、
年間40種以上も発行されるという切手に、
12年の歳月を経た物語を見いだせたのだろう。

今月は文月。
むかしの手紙を見返してみるのもいいかもしれません。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login