佐藤日登美 16年7月24日放送

160724-05
文(ふみ) リルケからの手紙

詩人、リルケ。

ある日、彼は詩人を志す青年から手紙を受け取る。
中には青年が書いた詩と、その詩を読んで、
自分が詩人になれるかどうか見極めてほしい、という依頼が入っていた。
しかし、偉大な詩人リルケは、「わたしにはできない」とこの頼みを断った。

 あなたの夜の最も静かな時間に、
 自分は詩を書かずにはいられないのか…、とご自分にお尋ねなさい。
 心のなかを掘って深い返事をお捜しなさい。
 (中略)
 そして、もしあなたがこの真剣な問いに、
 「私は書かずにはいられない」という
 強い簡単な返事をすることがおできになるならば、
 そのときには、あなたの生活をこの必然性に従ってお建てなさい。


今月は文月。
一通の手紙で、詩人は若者の情熱と覚悟を問うた。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login