2017 年 1 月 28 日 のアーカイブ

宮田知明 17年1月28日放送

170128-01 shuichiro
星野源 才能

芝居はヘタだった。
でも、すごくやりたい。
出来ないからこそ、
やらなきゃだめじゃん!

そして彼は、こうも思った。

才能があるからやるのではなく、
才能がないからやる、という選択肢が
あってもいいんじゃないか。

その人の名は。

ドラマ、逃げるは恥だが役に立つ。
そして、恋ダンス。
2016年、一躍、時の人となった、
ミュージシャンであり、俳優、星野源。

今日は1月28日。ハッピーバースデー、星野源。


topへ

宮田知明 17年1月28日放送

170128-02
星野源 イケメン

テレビやインターネットの投稿などでの、
星野源の評価は様々だ。

イケメンじゃないのに、なぜ人気があるのか。
いや、星野源はイケメンだ。そう言う人もいる。

星野源が人を惹きつける理由とは、何なのか。
彼がラジオ番組で語った言葉の中に、そのヒントが。

 カッコイイとか、自信を持ったりとか、
 つきつめると、中身を良くしていくしかないんですよね。
 顔って、かっこよくはなれないんだけど、
 中身が変わることでその人が変わる。
 みんなの認識の中で、その人の顔はいい顔ってことになるんです。


もはや、イケメンだから人気になる、
という時代ではないのかもしれない。

人間、中身が大事。
ずっと前から言われてきたことではあるけれど。

topへ

宮田知明 17年1月28日放送

170128-03
星野源 くも膜下出血

星野源のこれまでの人生は、
とても順風満帆と言えるものではなかった。

2012年のある日。レコーディングが終わった直後、
バットで殴られたような痛みとともにその場に倒れた。
くも膜下出血。そして、2度の入院。

しかし彼は、病気のことも前向きにとらえた。
つらい事の中に、意外と面白いのが混じっている。
そっちの方が個人的には魅力的だ、と。

退院して、最初のライブ。
ミニスカートのナースに支えられながら出てくる、という演出。
会場は爆笑の渦につつまれる。

星野源は言う。

 人に迷惑がかからないことであれば、どんどんやった方がいい。
 どんなにうまくいっても、あと何十年で死んで、無になるぜって。
 だから、これからもいろいろやりたいです。



topへ

宮田知明 17年1月28日放送

170128-04
星野源 バースデーソング

星野源とお笑いコンビ、バナナマンの2人は
大の仲良しで知られている。

2010年から毎年、星野はバナナマン日村に
バースデーソングを贈っているほど。

2012年、星野がくも膜下出血で入院したとき。
星野を応援するために、
日村は逆にバースデーソングを作り、歌った。

タイトルは、「君と初めて」。
歌詞は、星野の大好きな、下ネタだった。

くだらない。
そうやって笑えるものが、
入院している男にとっては、いちばんうれしい。

今日は、星野源の誕生日。
ハッピーバースデー、星野源。


topへ