2020 年 5 月 30 日 のアーカイブ

佐藤理人 20年5月30日放送


ペスト 発生

1347年10月、イタリアのシチリー島に12隻の貿易船が到着した。
積荷は毛皮と、ペストに感染した数百万匹のノミだった。

ノミはネズミに寄生すると、
その機動力を借りて瞬く間にヨーロッパ中に広がり、
2500万人もの命を奪った。

ペスト患者の皮膚はどす黒く変色したことから、

 黒死病

と恐れられた。

検疫は英語で40を意味する「quarantine」と言う。
これは感染の疑いがある人を40日間隔離したことに由来する。


topへ

佐藤理人 20年5月30日放送


ペスト  働き方

1348年から130年以上にわたり、
ペストはイギリスで30回も流行。
人口の約半分が命を落とした。

農民の数も激減したため、
地主たちは人手不足に頭を抱えた。

結果、労働者の権利が向上。自営農家が誕生した。

さらにその多くはより人手が少ない畜産にシフト。
肉の消費が増え、食文化も贅沢に変化を遂げた。

貴族の収入が2割減ったのに対して、
労働者の年収は2倍になった。

この時代は、

 労働者の黄金時代

と呼ばれている。


topへ

佐藤理人 20年5月30日放送


ペスト マスク

かつて世界でもっとも恐れられた病気、ペスト。
17世紀の人々はその原因を大地から出る有毒ガスだと考えた。

フランス人シャルル・ド・ロルムは、
危険な任務に当たるペスト医師のために特殊な防護服を発明した。

帽子・ガウン・手袋をつけ、
鳥のくちばしのようなマスクで顔を覆った。
くちばしには香りの強いハーブが入っており、
悪い空気から身を守ると考えられた。

ペスト医師の多くは医学の知識を持たない素人であり、
その効果を疑うこともなく命を落としたと言われている。


topへ

佐藤理人 20年5月30日放送


ペスト 予言

「異邦人」で有名なフランスの小説家、アルベール・カミュ。
彼の「ペスト」という小説にこんな一節がある。

 災厄は自分に降りかかってきたときは
 容易に信じられない。人々はいつも無防備だ。


デマ、パニック、買い占め、検査待ちの行列、
医療崩壊、事態を軽視する役人たち。

彼はウイルスに翻弄される人間の姿を通して、
世界がいかに不条理に満ちているかを描いた。

ペストはやがて急速に弱まり、終息を迎える。
人々はすべてを忘れ、元の暮らしに戻っていく。

この騒ぎが終わったあと、私たちは何かを学んでいるだろうか。


topへ

佐藤理人 20年5月30日放送


ペスト 解明

世界で1億6千万人もの命を奪い、
もっとも怖れられた病気、ペスト。
その恐怖に終止符を打ったのは日本人だった。

 細菌学の父 北里柴三郎

1894年、彼は政府に依頼され、
ペストの蔓延する香港を訪れた。

到着からわずか2日後の6月14日、
血液中に潜むペスト菌を世界で初めて発見する。

さらにペストはネズミから感染するという、
二千年間誰にもわからなかったことを解明。
すぐさま日本で大規模なネズミ駆除作戦を敢行した。

1927年以来、日本でペスト患者は出ていない。


topへ