2020 年 5 月 16 日 のアーカイブ

川田琢磨 20年5月16日放送


希望という色をした器

天の青い色。

「天青色(てんせいしょく)」と呼ばれるその色は、
高貴なやきものと称される青磁の、理想の色とされている。

十世紀の中国の皇帝、柴栄(さいえい)は、こう言った。

「雨過天青雲破処(うかてんせい くもやぶるるところ)の器を、持ち来たれ。」

雨の後、雲間からわずかに覗く青空の色を、
すべての人が、明日への希望を予感するその色を、
人の手で生み出してほしい、と。


topへ

川田琢磨 20年5月16日放送

想回家的貓
希望という色をした器

「天青色」と呼ばれる色を湛えた青磁器が、
900年前、中国河南省の汝窯(じょよう)で誕生した。

雨上がりの空の色を、
小さな器に閉じ込めるため、
高価な宝石であるメノウをすりつぶし、
釉薬(ゆうやく)に用いたという。

1200度を超す高温の窯から生まれる、涼やかな青。
その色を焼き上げる技術は、
王朝の滅亡とともに、永遠に失われてしまった。

汝窯の青磁、
わずか90点ほどが現存するのみである。


topへ

川田琢磨 20年5月16日放送

国立故宮博物院
希望という色をした器

中国北宋時代に、
宮廷用に作られた幻のやきもの、汝窯青磁。

世界にわずか90点ほどしか現存せず、
ひとたび市場に出れば、何十億という価格で取引される。

中でも最高傑作と謳われるのが、
「青磁無紋水仙盆(せいじむもんすいせんぼん)」。

グラタンを作るお皿のような、不思議な形をしているこの器は、
何に使われたものなのかもわかっておらず、
その値段を想像することすら、我々には難しい。

ただ、当時の皇帝はこの器を、こう呼んでいたそうだ。
「犬の餌入れ」と。


topへ

川田琢磨 20年5月16日放送


希望という色をした器

中国陶磁器の世界で、
圧倒的人気を誇る、汝窯の青磁。

最近は汝窯の作品が手に入らなくなった、と、
800年も前の人が嘆いているほどだった。

人気の秘密は、その神秘性。
作り方が、わからない。
窯の在処も、はっきりしない。
宝石の粉を使って作られたという、
言い伝えが残されているだけだった。

ようやく窯址が見つかったのは、1986年のこと。
土の中に眠る、伝説の窯の上では、
村人たちが普段の生活を営んでいたという。


topへ

川田琢磨 20年5月16日放送


希望という色をした器

高温の窯から焼き出された器から、
ピーン、ピーンと、
風鈴のような音が弾け出す。

「貫入(かんにゅう)」と呼ばれる、
やきものの表面に走るヒビが、
一筋一筋、天に任せて刻まれてゆく。

釉薬の収縮が引き起こすそれは、
繊細な色を湛える青磁の中に、無数の景色を描く。

氷のようなはかなさか。
はたまた、柳のようなたおやかさか。

人が、人工の玉(ぎょく)に求めたものは、
人智の及ばぬ美しさなのか。


topへ


login