石橋涼子 20年5月31日放送

Gérard Janot
音楽の力 不眠のためのクラシック

ヨハン・セバスティアン・バッハによる
「アリアと種々の変奏」という曲がある。

この音楽は、とある不眠症の伯爵のために
作曲されたという逸話でも知られている。

伯爵が眠れぬ夜は、14歳のチェンバロ奏者
ゴルトベルクがこの曲を奏でたということから、
この曲は「ゴルトベルク変奏曲」と呼ばれるようになった。

残念ながら、
このエピソードは信憑性が低いといわれているが
一方で、
クラシックを聴くと心と脳がリラックスするという
研究結果は近年、実証されている。

気持ちが疲れた夜は、クラシックでゆったり一休み。
途中で眠ってしまったって良いじゃないですか。
さあ、音楽の力を、癒しの力に。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA