厚焼玉子 12年9月16日放送


夢二の手紙 8 お葉と呼ばれた女

竹久夢二の手紙

 おれの人形は美しくてなつかしい。
 やはりなんといってもおれのものだ。
 けれど、この人形のからだのどこかに
 おれにわからないものがひそんでいる。


35歳の夢二が出会った理想のモデルは15歳だった。
夢二は彼女にお葉という名前をつけ
自分の好みに仕立て上げようとした。

6年一緒に暮らして、お葉は夢二のもとを去った。
それを呼び戻そうとする夢二の手紙には
お葉のことをおれの人形と書いている。

topへ

大友美有紀 12年9月15日放送

なお
伊豆諸島「島の言葉」

秋のこの時期、敬老の日をはさんだ連休を
「シルバーウイーク」と呼ぶことがある。

今年のシルバーウイークは、少し短い。
遠くへ行くのは無理かもしれないが、
近くの島へ行くのはどうだろう。
伊豆大島。調布の飛行場からなら、30分ほどで到着する。
泳ぐには少し遅いけれど、温泉もある、ハイキングも楽しめる。
有名な「波浮の港」もある。

 磯の鵜の鳥ゃ 日暮れにゃ帰る

 波浮の港にゃ 夕焼け小焼け
 明日の日和は

 ヤレホンニサ 凪るやら


昭和3年にヒットした野口雨情作詞の歌謡曲。
しかし、実際の波浮港は、島の南東にある。
海沈む夕陽は見えないという。
行ってみなければ、わからない。
そういうことだ。

topへ

大友美有紀 12年9月15日放送

kumi
伊豆諸島「島の言葉」新島

伊豆七島の一つ、新島へは、
調布の飛行場から40分ほど、
竹芝からは、ジェット船で3時間弱で行ける。
東京に住むサーファーにとっては、
世界で一番近いサーフィンの聖地だと言える。
新島はまた、コーガ石の産地でもある。
火山噴火の水蒸気爆発でできたスポンジ状の軽石で、
主成分は黒雲母流紋岩(くろうんもりゅうもんがん)。
新島とイタリア・シチリア島のあたりだけで産出する。
この石で作られたのが、モヤイ像だ。
実は、イースター島のモアイ像とは何の関係もない。

 古くから新島では「共同して仕事に当たる」ことを「モヤイ」と呼ぶ。
 「モヤイ合う」とは助けあうこと。


昭和59年新島村から蒲田商店街に贈られた「モヤイ像」。
現在では青森県西津軽郡深浦町で、その由来ともに見ることができる。


topへ

大友美有紀 12年9月15日放送


伊豆諸島「島の言葉」三宅島

2000年、三宅島の中心にそびえる雄山(おやま)が噴火した。
そして全島避難。その後も火山ガスの放出が続き、
島民は島に帰ることが出来なくなった。
避難指示の解除が出たのは、2005年。
現在でも三宅村役場では、
毎日火山ガスの放出量を観測し、発表している。
復興の一端を担うネイチャーツアーの主催者の
ホームページには、こう書かれている。

 三宅島は約21年周期で噴火が繰り返されています。
 噴火のたびに緑は失われますが、少しづつ再生していきます。
 その噴火から森が再生する過程を簡単に目の当たりにできるのは
 三宅島だけです。


復興の道のりは、自然の再生とともにある。
竹芝から夜行旅客船に乗れば、朝には三宅島に到着する。

topへ

大友美有紀 12年9月15日放送


伊豆諸島「島の言葉」八丈島

伊豆七島のなかで大島に続いて大きな、八丈島。
黒潮に囲まれ、太古から漂流・漂着、そして流人が
その歴史をつくってきた。
名産品のひとつに黄八丈がある。
室町時代のから続く伝統の手織り絹織物。
八丈島の草木を使い、黄、樺、黒に染め上げた絹糸を使う。
八丈とは、もともと2反の長さを八丈に織り上げた絹織物の呼び方。
そして八丈島の名の由来も、この織物から来ているという。
江戸時代の国学者、本居宣長が『玉勝間』にしるしている。

 伊豆の沖にある八丈が島というところも、
 昔この絹を織りだしたので島の名にもなったのに違いない。


八丈島にはその他にも、八丈太鼓、二重の玉石垣、焼酎など、
島の外から流れ着き、定着したものが多くある。
そしてダイビングスポットや、温泉、八丈富士と三原山、
自然の醍醐味も味わえる。
もちろん黒潮の恵みである魚も楽しめる。
南国リゾートの楽しみと、和の味わい、大自然、
そして古来からの伝統。
八丈島までは、羽田から1時間弱だ。

topへ

大友美有紀 12年9月15日放送


伊豆諸島「島の言葉」御蔵島

切り立った断崖、周囲16キロの小さな島、御蔵島(みくらじま)。
東京から約200キロ、三宅島の南18キロに位置する。
そして、大変珍しいことに、
島のごく近い浅瀬に、野生のイルカが棲息している。
10月末までイルカウオッチングができる。
運が良ければ、イルカと泳ぐこともできる。
しかし、守らなければならないルールがある。

 イルカの自然な行動を妨げない。
 小さい子供を連れた群れにはこちらから接近しない。
 水中で寄って来ないイルカのグループには再度エントリーしない。
 イルカに触らない。触ろうとしない。餌を与えない。
 スキューバダイビングの装備でイルカに接近しない。
 ホイッスル、ダイビングコンピューターなど、
 人工音を発する器具は使用しない。
 水中カメラで撮影するときはフラッシュを使用しない。


イルカはおもちゃではない、アトラクションでもない。
自然に愛されているからこそ、
自然とともに生きる努力が必要だ。

topへ

大友美有紀 12年9月15日放送


伊豆諸島「島の言葉」青ヶ島

伊豆諸島最南端に位置する青ヶ島。
住所は東京都青ヶ島村無番地。
一周9キロ、住人は170人あまり、
絶海の孤島、だからこそ満点の星を楽しめる。
鎌倉時代に書かれた『保元物語』で、
伊豆諸島に島流しになった源為朝が、
鬼が島を見つける。

 島の名を尋ねると、「鬼が島」と申す。
「それならばお前たちは鬼の子孫なのか」と尋ねると
「そうでございます」と申す。


鬼が島の記述は、当時誰も知らなかった青ヶ島の
特異な地形にそっくりだという。
星を見に、鬼を探しに、行ってみたくなる。

topへ

大友美有紀 12年9月15日放送

ippei + janine
伊豆諸島「島の言葉」小笠原

日本列島から約1000キロ離れた太平洋の島々、小笠原諸島。
マリアナ諸島からも約550キロ離れ、
大陸と陸続きになったことがない海洋島だ。
2011年世界自然遺産に登録された。
黒潮に囲まれ漂着の歴史を持つ伊豆諸島と違い、
小笠原には1830年まで、定住民はいなかった。
だからこそ、独自の生態系が生まれた。
独自の文化が生まれた。

小笠原には「南洋踊り」と呼ばれる、
グアム、サイパン、トラック諸島から伝えられた踊りがある。

  夜明け前にあなたの夢見て
  起きると見たら大変つかれた
  もし出来るなら、ああ小鳥になって
  あなたの元へ時々飛んでゆく
  私の心は、あなたのために
  大変やせた、死ぬかもしれません

南洋諸島の言葉を日本語に訳した歌。
それにあわせて踊る。
何とも不思議な味わい。

小笠原には、飛行機で行くことが出来ない。
船で25時間半かけて行くのだ。
それでもそこは、東京都だ。

topへ

三島邦彦 12年9月9日放送

suiryuukawase
自然と人 坂東元(ばんどうげん)

野生動物の行動様式に合わせた展示方法、
「行動展示」で有名な旭山動物園。

そこにはペットでも家畜でもない、
野生動物の誇り高い生き様に触れてほしいという理念がある。
副園長で獣医の坂東元さんは
野生動物を「すごいヤツら」だと言い、こう語る。

「すごいヤツら」の尊厳を守るために、ぼくはこの一生を捧げたい。


topへ

三島邦彦 12年9月9日放送


自然と人 石牟礼道子(いしむれ みちこ)

『苦海浄土(くがいじょうど)』という本がある。
作者は、石牟礼道子(いしむれ みちこ)。
水俣市で主婦をしながら書きためたこの作品は、
水俣病患者たちを描く澄んだ筆致とリアリティが高く評価され、
ノンフィクションの傑作として第一回大宅壮一賞を受賞した。
しかし、石牟礼はこの賞を辞退する。

  水俣病は人間の原存在の意味への問いである。

そう語る石牟礼が台所の片隅で日々筆を執った切実さ。
沈黙に光を射し、患者たちの心を代弁すること。
それが彼女の求めるすべてであり、
それ以上は何も必要なかった。

topへ