蛭田瑞穂 13年1月19日放送


未来をつくる日本人④八木啓太

家電デザイナー、八木啓太。

医療用機器のエンジニアだった八木が会社を辞めたのは2011年。
それから彼はたったひとりで電気メーカーを立ち上げた。

一昔前なら無謀と言われただろう。しかし時代は変わった。
かつて何百万円もしたCADは無料ソフトが公開されている。
3Dプリンターはずっと身近になった。
広告をせずとも評判はネットで瞬時に広がる。

八木が会社を起こして最初につくったのが卓上のLEDライト。
発売後、全国からの注文は引きも切らず、生産が追いつかない。
世界3大デザイン賞のひとつ「レッドドット・デザイン賞」も受賞した。

八木は言う。

 町工場や地方にはすごい技術が埋もれている。
 それをアイデアでつなげれば大きな価値を生み出せるはず。


彼の目はものづくり大国日本の復活を確かに見据えている。

topへ

蛭田瑞穂 13年1月19日放送


未来をつくる日本人⑤三井淳平

レゴブロックビルダー、三井淳平。

レゴブロックをつかってさまざま造形物をつくるビルダーの中でも
レゴ社から公式に認められたプロビルダーは世界にわずか13人しかいない。
三井はそのひとりである。

作品をつくる時、三井は設計図を用意しない。
頭の中のイメージだけで、全長6.6メートルの戦艦大和から
実物大のドラえもんまで、小さなブロックを使い自在につくり上げる。

三井の夢はレゴを通して日本の伝統文化を世界にアピールすること。

 今後はレゴで日本画などを立体的に表現してみたい。

彼はイマジネーションを形にし続ける。

topへ

蛭田瑞穂 13年1月19日放送

UK in Canada
未来をつくる日本人⑥小川誠二

物理学者、小川誠二。

1968年、アメリカのベル研究所に渡り、
脳の機能を画像化する磁気共鳴画像装置「fMRI」の実用化に成功する。

fMRIの開発により、脳の研究は飛躍的に進化した。
その功績は医学的な分野にとどまらず、
脳と心の関係という心理学的な研究も促進させた。

小川は今、iPS細胞の山中伸弥教授に続く、
ノーベル医学賞の受賞が期待されている。

topへ

蛭田瑞穂 13年1月19日放送

mollyali
未来をつくる日本人⑦川久保玲

ファッションデザイナー、川久保玲。

彼女がコム・デ・ギャルソンを創業したのは1969年。
以来川久保は服のみならず、ファッションのビジネスも
自身でデザインしてきた。

低価格帯や若者向けのラインを次々と打ち出し、
他ブランドとのコラボレーションも積極的に行なう。

事業を多方面へ展開しながらも、
川久保がブランドの本質を見失うことは決してない。

彼女は言う。

 コム・デ・ギャルソンは万人受けするブランドではありません。
 そうなったらおしまいです。


クリエーションとビジネスの両立というパラドックスと格闘しながら、
川久保玲はファッションの未来を切り拓く。

topへ

阿部広太郎 13年1月13日放送


野口英世の20歳

医師開業試験に合格するために、
野口英世が医学書と格闘していた時のこと。

仕事で東京から福島に来ていた
医師の血脇守之助(ちわきもりのすけ)に、
激励の言葉をかけられる。

感激してますます勉強に力を入れた野口は、
20歳になって突然上京。
連絡も無しに血脇の家を訪れてこう言った。

「学院の玄関番、車引き、
 なんでもするから使ってほしいのです」

プライドをかなぐり捨てた20歳の決意が、
のちに世界が誇る名医を生んだ。

明日は成人の日。

topへ

村山覚 13年1月13日放送


ウォルト・ディズニーの20歳

第一次大戦中、
若きウォルト・ディズニーはフランスにいた。
愛国心の強かったウォルト青年は
通っていた高校を辞めて軍隊に志願したのだ。

終戦後、アメリカに戻ったウォルトは
新聞や広告のためのイラストレーションを描いて生計を立てた。

その後アニメーションを知ると、その可能性に魅せられて
短編映画の製作を始めたのが20歳の頃。
そして、ミッキーマウスが生まれることになる。

後にウォルトは言った。
「何かをやりたいのに、選んでばかりの人はもったいない。
 チャンスがあるうちに、中に入ってみる。
 そうすれば、そこから何かが生まれるかもしれない」

迷っていないで、まずは飛び込んでみよう。
それが20歳の特権なのだから。

明日は成人の日。

topへ

藤本宗将 13年1月13日放送


ソーニャ・コワレフスカヤの20歳

数学者ソーニャ・コワレフスカヤ。
ロシアで初めて大学教授の地位を得た女性である。

父はポーランド系貴族。母はドイツの名門の生まれ。
輝かしい血統の世継ぎを待ちわびていた一家にとって、
女のソーニャは望まれない子供。
そんな少女がはじめて父に褒められたのが、14歳の頃。
類いまれな数学的才能を見いだされたときだった。
愛情に飢えていたソーニャは、それから数学に没頭。
やがて留学を望むようになる。

しかし時代は19世紀。当時のロシア女性は、
親の承諾なしには国外へ出ることもできなかった。
自分の人生の決定権がなかったのだ。
そのとき彼女がとったのは「偽装結婚」という手段。
結婚することによって親のもとを離れ、
偽りの「夫」とともにヨーロッパに渡ったのである。

ソーニャは推薦状も成績証明書も持たず、
ベルリンの数学者ワイエルシュトラスの門を叩く。
この厄介な訪問者を追い払おうと
ワイエルシュトラスが出したのは、大学院クラスの難問。
しかし彼女はそれを鮮やかに解いてみせた。

ソーニャ・コワレフスカヤ20歳。
女性が自らの手で人生の扉を開いた瞬間だった。

明日は成人の日。


topへ

藤本宗将 13年1月13日放送


エヴァリスト・ガロアの20歳

天才数学者にして革命家。
エヴァリスト・ガロアは革命と反動に揺れる
19世紀のフランスに生を受けた。

自らの才能を自覚していたガロアは
学校教育を軽蔑し、独学で高等数学をマスター。
しかし20歳のときに決闘で若い命を散らしてしまう。

死を予見していたのだろうか。
決闘前夜、彼は「もう時間がない」という言葉とともに
数学的な発想の断片を走り書きで残した。
それは後の数学者たちの研究により、ガロア理論となる。

けれどもしガロアが20歳で死ななければ、
もっと偉大な成果を残したはずだ。
それは数式など必要としないほど、明らかである。

明日は成人の日。

topへ

村山覚 13年1月13日放送


藤子不二雄の20歳

1944年、富山県の小学校に一人の転校生がやってきた。
少年の名前は「あびこもとお」。趣味は漫画。
すぐに友達ができた。同じく漫画が大好きな「ふじもとひろし」。

二人は漫画を描きまくった。
二人で描いた4コマ漫画が新聞に掲載されたこともあった。
しかし高校を卒業するとき、
漫画家になるという夢をいちど諦めた。

安孫子は富山新聞社に、藤本はお菓子メーカーに就職。
安孫子は新聞社でイラストを描いたり、インタビューをしたり、
充実した日々を送っていた。
一方、藤本はすぐに会社を辞めた。
漫画を描いては出版社に投稿する日々。

ある日、安孫子のところに藤本が来て言った。
「一緒に東京へ出よう。」
後に日本を代表する漫画家となる「藤子不二雄」は
夜行列車に揺られて上京した。二人とも20歳だった。

藤子・F・不二雄は、自叙伝でこう語っている。
「面白いマンガを描きたいと思いつづけています。
 夢に終わるかもしれないけれど、
 その夢が僕らを支えているのです」

20歳の夢は、ずっとあなたを支えてくれる。

明日は成人の日。

topへ

村山覚 13年1月13日放送


上原ひろみの20歳

ジャズピアニスト上原ひろみは、
20歳まで大学の法学部で学びながら日本で暮らしていた。
彼女はインタビューでこう語っている。

「アメリカに行きたい!という気持ちがマックスになるまで
 待とうと思ったんです。そういうタイミングで行かないと、
 向こうの音楽学校へ入っても、埋もれてしまうんじゃないか、
 必要なことが吸収できないんじゃないか、と」

20歳で渡米したひろみは、
バークリー音楽大学を首席で卒業。
今や世界中のジャズクラブやコンサートホールで演奏をしている。

「自分自身がまだ体験したことがない
ドキドキするような音楽を追い求めている。
私が私にびっくりするくらい新鮮な音楽を作り続けていきたい」

20歳には、自分も驚くほどの可能性がある。

明日は成人の日。

topへ


login