大友美有紀 13年7月7日放送


「七夕」ななつのゆう

村を離れた神聖な水辺に、
棚をつくり出し、降臨する神のために、衣を織る神女。
棚機津女(たなばたつめ)。
これは、日本の祭儀。

中国では、6世紀中頃の民間風俗を記した文献に
「7月7日は、牽牛(けんぎゅう)・織女(しょくじょ)、
 聚会(しゅうえ)の夜と為す」とある。
牽牛は、農耕の神への生け贄とも考えられている。
織女は、儀式として機織りを行う聖女。

中国のこの風習が日本に渡って、
七夕になったという。

では「ななつのゆう」と書いて、
七夕(たなばた)になったのは、なぜ。
もともと、七夕は宮中の五節句のひとつで
「しちせき」と呼ばれていた。

同じ時期に行われていた3つの儀式が
ひとつになって、七夕になった。
ずっとずっと昔のグローバリゼーション。


topへ

大友美有紀 13年7月7日放送


「七夕」万葉集

七夕の風習は、奈良時代には、
すでに日本に伝わっていた。
万葉集にも、七夕を詠んだ歌が
いくつかある。

 ひさかたの 天の川瀬に船浮けて 
 今夜か君が 我許(わがり)来まさむ


 一年(ひととせ)に 七日(なぬか)の夜(よ)のみ逢ふ人の
 恋も過ぎねば 夜は更けゆくも


不自由な恋への
憧れと切なさ。


topへ

大友美有紀 13年7月7日放送


「七夕」夏の大三角

きょうは、七夕。
中国で7月7日に牽牛と織女が会う日とされていたのは、
天の川をはさんで、ひときわ輝く二つの星があることが
広く知られていたからだという。

日本で、おり姫、ひこ星と呼ばれる星の名は、
こと座の一等星・ベガと、わし座の一等星・アルタイル。
この二つの星は、伝説と違って、実際には移動したりしない。
江戸時代には、たらいに水を張って二つの星を映し、
水面を揺らして星たちが出会うようにする行事があった

ベガとアルタイルの間は、14.4光年ほど離れている。
光の速さで天の川を渡っていっても、
14年半もかかることになる。
一年に一度会うのは、現実では不可能だ。

今夜、あなたの空が晴れていれば、
ちょうど今頃、午後9時前後に
東の空を見上げてほしい。

ベガとアルタイルが輝いていることでしょう。
この2つの星に白鳥座のデネブを加えると夏の大三角となる。
探してみてください。



topへ

大友美有紀 13年7月7日放送


「七夕」七姫

織り姫のもととなった棚機津女(たなばたつめ)。
他にも七種類の呼ばれ方をする

 秋去り姫、薫物姫(たきものひめ)、ささがに姫、
 百子姫(ももこひめ)、糸織り姫、朝顔姫、梶の葉姫


それぞれ、神に捧げる衣を織る神事から派生している。
いずれも、かなえたい願いを持つ姫の名。
おり姫は、ただ、ひこ星を待つだけの存在ではなく、
神へ願いを届ける、重要な役割を持っていた。


topへ

大友美有紀 13年7月7日放送

herbraab
「七夕」フィンランド

七夕伝説は世界各国で語り継がれている。
アジアの地域では、天の川は渡るに渡れない川。
フィンランドの伝説は、少し違う。

仲むつまじい夫婦がいた。
いつも一緒だった。
死んだ後は、一緒というわけにはいかない。
別々の天にのぼり、星となった。
二人は、空にただよう星屑を集めて、
星の間に光の橋を作ろうと決めた。
毎日懸命にすくっては、集め、すくっては集め、
そして千年ののち、見事な光り輝く橋ができあがった。天の川だ。
二人は光の橋をわたり、シリウス星のところで、
再び出会うことができた。

天の川は隔てるものではなく、
出会うためのものだった。


topへ

大友美有紀 13年7月7日放送


「七夕」今宵の天気は

今日は、7月7日、七夕さま。
七夕の夜に雨が降ると、
おり姫様とひこ星様が
会えなくなってしまう。
夜空を見上げて、晴れますようにと
願ったことはないですか?

地方によっては、
短冊が流れるぐらい雨が降るのが良い、
ともいいます。
農作物には、恵みの雨。
七夕雨(たなばたあめ)という季語がある。

今夜、あなたの空は、
七夕晴れですか?
七夕雨ですか?


topへ

佐藤延夫 13年7月6日放送

The Gouger
俵万智さんの記念日1

歌人、俵万智さんの代表的な一首、サラダ記念日。
歌の中に登場する七月六日という日付には、
ちゃんと理由があるそうだ。

元旦やクリスマスなど、特別な日ではないこと。
初夏という季節が、サラダに合いそうなこと。
「サラダ」と「しちがつ」、サ行が並ぶ語感の気持ち良さ。
あとは七夕の前の日ということ。

それは、特別な日ではないけれど、ちょっとだけ特別な一日。

 「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日

今夜のメニューに、どうかサラダをお忘れなく。


topへ

佐藤延夫 13年7月6日放送

Weird Beard
俵万智さんの記念日2

歌人、俵万智さんは、
神奈川県にある高校の先生だった。

「サラダ記念日」を出版してからの2年は、
歌人と教師、二足のわらじで
24時間営業の店のようにがんばってきたそうだ。

どちらも心のゆとりが必要な仕事。
お昼どきの喫茶店のように、閉館後の美術館のように、
緊張とくつろぎ、両方の時間が必要だと気がついた。
そんな彼女の心を表すような歌をみつけた。

 蛇行する川には蛇行の理由あり急げばいいってもんじゃないよと


topへ

佐藤延夫 13年7月6日放送

Nam2@7676
俵万智さんの記念日3

学生時代、成績優秀だった俵万智さん。
しかし、高校2年のとき成績が、がくんと下がった。
その理由は、失恋。

本人の言葉を借りれば、
「悲しいときはじっくり悲しむ。寂しいときはじっくり寂しむ」
毎日悲しみに暮れて、日記ばかり書いていたそうだ。

そして、ふと自分の置かれた状況に気付く。
恋は、私と彼の間にあるのではなく、私一人の中にあるのだ。
そんな恋の結末は、もちろん歌になっている。

 恋という自己完結のものがたり君を小さな悪党にして


topへ

佐藤延夫 13年7月6日放送

yurayura_naoko
俵万智さんの記念日4

歌人、俵万智さんは
学生時代、実家によく葉書を出したそうだ。

「お父さん、お母さん、太一くん、元気ですか?」

お決まりの書き出しで始まる葉書は、
3日に2枚のペースで投函された。
その内容は、ご本人曰く
とても他愛ないもので、
学校のこと、クラブ活動のこと、アルバイトのことなど
日常のありとあらゆるものを、思いつくままに書き連ねた。

授業の始まる前。喫茶店で誰かを待つ間。
まるで家族とおしゃべりをするかのように、
暇さえあればペンを走らせた。

何百枚と送った葉書は、
お母さんが大切に、箱に入れて保存していた。
そして久しぶりに見返した一枚から、この歌が生まれたという。

 「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ


topへ