茂木彩海 13年2月3日放送


ユーモアの話 長新太のユーモア

たくさんのユーモアを描いた絵本作家、長新太。
彼の死後に出版された絵本「プアー」は、
息を吸うとしっぽと耳と鼻が膨らんで、「スー」と息を吐くと元に戻る犬の物語。

 プアー
 スー
 もとに もどったよ ワン


深呼吸するみたいに、たまには力の抜けたユーモアを。

topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送

noriqnub
五味太郎とは1

絵本作家、五味太郎さんは
400冊を超える絵本を世に出している。
正確な数字がわからないのは、
数えるのをやめてしまったからだ。
本人曰く、絵本をつくるのはカンタン。
もちろんそれには彼なりの理屈がある。

 生まれつき得意なことをやるのは楽。
 楽しくやっていると、だいたいうまくゆく。


とてもわかりやすい、人生のルール。


topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送



五味太郎とは2

絵本作家、五味太郎さんは
若いときに、いろいろな仕事を経験した。

浴衣カタログのモデル。
運送会社の運転手。
建設現場の交通整理。

どの職業もそれなりに楽しかったけど、
彼には向いていなかった。
もちろん理屈は一緒だ。

 楽しくやっているつもりでは、だんだん辛くなる。

自分に嘘をついて頑張っても、得られるものは少ない。

topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送

osanpo
五味太郎とは3

絵本作家の五味太郎さんは
絵について、こんな考えを持っている。

絵に描くしか方法がないと思う場合に絵を描けばいい。
つまり、絵でしか表せないことを絵で描き、
絵なら表せることを描く。

だから火の用心のポスターに、絵はいらない。
「火の用心」というコピーがすべてを表現しているから。

絵が、言い訳をするかのように
ちょこんと紙の上に載っている。
そんな姿を、彼はミジメだと言う。

topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送

Misato
五味太郎とは4

絵本作家の五味太郎さんは、
もともと絵に興味があるわけではなかった。

高校生のときにカントリーソングのバンドを組み、
コンサートのポスターを描いてみた。
友達の家の障子に、歌舞伎の絵を描いた。
学園祭のポスターも引き受けた。
油絵も始めてみた。

絵は得意だし、好きになってきた。
それでも将来、絵描きになるとは思わなかった。

美大を受験するが、どうも勝手が違う。
デザインの専門学校を見つけ、そのあと広告プロダクションに所属。
クライアントの要望に沿うものを作ることが苦痛になってきた。
そして絵本に辿り着いた。

本が好きで、絵や文章の世界が好き。
イラストもデザインも好き。
絵本は、彼の気持ちを全て受け入れてくれた。

topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送

ひでわく
五味太郎とは5

絵本作家、五味太郎さんの代表作「きんぎょがにげた」。

この本をつくるとき、最初に浮かんだのは
「きんぎょがにげた」というフレーズだけ。
それから先は、金魚と相談しながら描いたそうだ。

「どこに逃げる?」
「ちょっとあそこに行きましょうか」
「どれどれ」

金魚はいろんなところに逃げたがり、
気がつくと残りは2ページしかない、という状態。

ストーリーは、つくるものではなく、
勝手にできてしまうもの、なのだ。

topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送

@Doug88888
五味太郎とは6

 「いったい、どうなっちゃうんでしょう」

絵本作家、五味太郎さんは、ピンチになると
いつもこう思うそうだ。

彼の人生には、いろいろトラブルがあった。
誰かに嫌味を言われて絡まれたり、
怖い人が突然やってきたり。
国税局とか病気も然り。

 「いったい、どうなっちゃうんでしょう」

ピンチになっても動じない。
頭の中では、絵本のように愉快なストーリーが
描かれていくそうだ。

topへ

佐藤延夫 13年2月2日放送

Lio-photo
五味太郎とは7

絵本作家、五味太郎さんが考える人生。

10代で度胸を決めて、
20代で情報収集して、
30代で実際に始めて、
40代からが人生の本番。

やりたいことがあれば、とりあえずやってみる。
そうすれば、自分の好きなこと、得意なことが見えてくる。
将来が不安なんて、当たり前。
そもそも生きてること自体が不安なわけで、
明日のことなんて誰にもわからない。
だから面白い。
それに気付かないと、自分のわかる範囲でしか
結論を出せなくなってしまう。

つまり、希望は社会の中ではなく、個人の意識の中にある。

そのメッセージを伝えるために、
彼は絵本を描き続けているのかもしれない。

topへ

名雪祐平 13年1月27日放送


大島渚がいた 1

駅前で、少年が鳩を売っている。

巣に帰ってくる鳩の本能を利用した
ずるがしこい商売だった。

同情した金持ちの少女が、
少年を貧しさから
救おうとするのだが・・・・・・。

そんな甘いセンチメンタリズムを遮断し、
社会のシビアな現実をあぶり出した
映画『愛と希望の街』

大島渚、27歳のときの処女作である。

愛、希望、街、という言葉をかさねた
センチメンタルな題名は
映画会社のご都合。

最初の題名は、
『鳩を売る少年』だった。

topへ

名雪祐平 13年1月27日放送

quinn.anya
大島渚がいた 2

女子高生が色じかけで
中年男を誘う。

あとから若い男が現れ、
中年男から金をまきあげる。

映画『青春残酷物語』で大島渚は、
若い性と暴力を描きながら、
旧い世代へのいらだちをあらわにした。

戦争責任をとらない父の世代。
学生運動に挫折する兄の世代。

腐った大人たちにいらだつ
若い二人も破滅に向かっていく。

中絶手術のあと、麻酔で眠る女を見下ろし、
男がリンゴをまるごと
音を立ててかじるショットは鮮烈。

それ以降、青春映画といえば、
主人公の若者がリンゴをかじるようになった、
という説があるほど。

topへ


login