佐藤延夫 19年12月1日放送

MO
映画の日 シネマライズ

渋谷駅で降りて、
井の頭通りからスペイン坂へ。
派手なお店には目もくれず
ひたすら坂を登ると、あの映画館が待っている。
シネマライズは、
映画に飢える者たちの聖地だった。
「ベルリン・天使の詩」。
「トレインスポッティング」。
「奇跡の海」。
ミニシアターの象徴だったシネマライズは、
僕らの心をえぐり続けたあと、
2016年に閉館した。
絶望的なニュースだった。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

Dick Thomas Johnson
映画の日 シネマスクエアとうきゅう

新宿、歌舞伎町。
その赤茶色のビルは、
歌舞伎町のシンボルのようだった。
ビルの壁面には、
居酒屋の看板。
ボウリングのピン。
そして上映中の映画のポスターが並ぶ。
そのシアターは、シネマスクエアとうきゅう。
場所は雑然としているが、映画の質はすこぶる良い。
ボウリングにするか映画にするか迷ったら
映画にするのが正解だった。
3階に上がると、昭和っぽいロビーが待ち受ける。
縦長の劇場で、シートは座りやすい。
「仕立て屋の恋」。
「青いパパイヤの香り」。
数々の名作を送り出し、
新宿ミラノ座などとともに、
2014年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送


映画の日 銀座テアトルシネマ

銀座の華やかなビルを背に、
京橋本面へ歩く。
すると重厚なコンクリートに囲まれた映画館が見えてくる。
銀座テアトルシネマ。
渋谷や新宿のような、
熱量のある若者向けではなく、
おしゃれな大人が
洗練された2時間のために集まるような
特別な空間だった。
上映される映画も、観客のマナーも、どことなく品がある。
そんな映画ファンの秘密の場所は、
2013年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

Dick Thomas Johnson
映画の日 シネセゾン渋谷

渋谷ハチ公口から徒歩5分ほど。
速く歩けば3分で着く。
109の隣にあるビルの6階に、
その映画館はあった。
シネセゾン渋谷。
開演時間ぎりぎりに到着すると、
エレベーターが来なくてやきもきする。
客席は多めで、スクリーンも見やすい。
そう言えばレイトショーも多かった。
同じフロアにあった渋谷ピカデリーは、2009年に。
そしてシネセゾン渋谷も、2011年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

とみたや
映画の日 銀座シネパトス

その映画館は銀座にあるのに、
なぜか地方都市に来ているような錯覚に陥った。
銀座シネパトス。
昭和の香りを残すシアターは、
上映中に電車の音が響いてくる。
日比谷線の東銀座駅がすぐそばにあるからだ。
ロビーは狭く、椅子の座り心地もイマイチ。
スクリーンも見やすいとは言えない。
席は空席が目立ち、
仕事をサボっているサラリーマンが
2席分を占拠して昼寝をしていたりする。
そのゆるいスタイルが好きだった人も
少なくなかっただろう。
大味だけど愛おしいシアターは、
2013年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送

Tyoron2
映画の日 上野セントラル

上野駅前に、賑やかなデパートがあった。
大衆レストランがあり、
囲碁センターがあり、
少し怪しい店があり。
その外観は、昭和そのもの。
東北から出稼ぎでやってきた人たちが、
そこかしこで酒をあおっているような。
戦後の東京という空気をまとった上野松竹デパートの中に、
下町の映画館、上野セントラルがあった。
洋画よりも邦画が似合う。
お正月は寅さんで決まり。
いつでも昭和にタイムスリップできるシアターは、
2006年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

佐藤延夫 19年12月1日放送


映画の日 シネ・ヴィヴァン・六本木

六本木ヒルズが建つよりも前、
その場所には、前衛的な映画館があった。
シネ・ヴィヴァン・六本木。
六本木交差点から麻布警察を過ぎ、
WAVEの個性的なビルにある
地下に向かう階段へ。
薄暗いステップを降りていくと、
そこには、ゴダールやタルコフスキーが待っていた。
青春の象徴みたいな映画館は、
惜しまれながら1999年に閉館した。

今日12月1日は、映画の日。
あの日。
あの人と。
あのシアターで見た映画は、
思い出の中から消えることはない。永遠に。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送


水があふれる  ヤマタノオロチ

それはそれは大きな蛇がいた。

八つの頭、
八つの尾っぽ、
赤い目玉。

日本神話に登場する巨大生物、
ヤマタノオロチ(八岐大蛇)。

いま出雲地方を流れる斐伊川こそ、
ヤマタノオロチと伝わる。

古来より大洪水をくりかえし、
暴れ狂う様子が大蛇に例えられ、
神話となった。

川は蛇。
そして、あなたの家にも忍び込んでいる。

ほら、蛇口。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送


水があふれる  禹王

いま日本で、
ある記念碑がつぎつぎ見つかっている。

禹王の碑。

禹王とは、紀元前2100年頃の
中国の皇帝であり、
大洪水をふせいだ英雄。

泥の中を這いずり回って
脛の毛がすべて抜けるほど
治水に苦心したと伝わる。

その禹王の史跡が、
いま日本全国に124か所。
どれもが洪水のあった
暴れ川のそばに立つ。



topへ

名雪祐平 19年11月30日放送

© 国土画像情報
水があふれる  信玄堤

武田信玄の旗には、風林火山。
その四文字に、水はないが。

今年襲った猛烈な台風19号から
甲府盆地西部を守ったのは、
450年前に信玄が築いた「信玄堤」だった。

信玄堤は、あえて堤防に
隙間を造るという逆転の発想。

じわっと水をあふれさせ、
台風が過ぎ去れば
再び隙間から川に戻っていく。

信玄は知っていた。
この世に決壊しない堤防などない。
人間は、自然の力を
完璧に抑え込めるはずがないことを。



topへ