古居利康 19年11月23日放送


シャーロック・ホームズの死

名探偵シャーロック・ホームズの生みの親、
アーサー・コナン・ドイルは、
1893年の短編『最後の事件』で
ホームズを殺してしまう。

宿敵モリアティ教授との対決で滝から転落。
それで最後にするつもりだった。

1886年の登場以来、人気沸騰中だったホームズ。
雑誌連載の挿絵がたまたま美青年だったせいか、
女性読者から大量のファンレターが届いたり、
実際の事件解決の依頼状が来たりした。

ドイルはうんざりしていた。
ほんとうに書きたかったのは
探偵小説などではなく、歴史小説だった。

ホームズを終わりにして、歴史をやろう。
ドイルはそう考えたのだ。



topへ

古居利康 19年11月23日放送


コナン・ドイル炎上

シャーロック・ホームズの生みの親、
コナン・ドイルはロンドン市民を敵に回していた。
1893年の短編『最後の事件』で
名探偵を殺したからだった。

「この人でなし!」
「おまえの死か、ホームズの生還か、
 どちらかを選べ」

脅迫状が山のように届いた。
シティのビジネスマンたちは喪章をつけて出勤し、
ドイルの自宅の周りではホームズの葬儀が
毎週のように行われた。

シャーロック・ホームズはとっくに
作者のもとを離れ、独り歩きしていたのだ。



topへ

古居利康 19年11月23日放送


シャーロック・ホームズ復活

シャーロック・ホームズは、
1893年の『最後の事件』で
宿敵モリアティ教授と争って滝から転落した。

しかし、実はその際、
巧みに危地を脱して生き残っていた。
1903年の短編『空き家の冒険』で
ホームズ自身が語っている。

「われわれは滝の崖っぷちで取っ組み合ったまま
 よろめいた。だがぼくは、これまでにも何度か
 役に立ったが、日本の格闘技であるバリツの
 心得があったので、相手の腕をさっとすり抜けた。」

名探偵は、日本の格闘技“バリツ”のおかげで
助かったと言う。それにしても、バリツとは何か。
なぜロンドンの探偵が、日本の格闘技だったのだろう。


topへ

古居利康 19年11月23日放送


バリツとは何か

シャーロック・ホームズは
日本の格闘技バリツの使い手だった。
それは、ドイル苦肉のアイデアにも思える。

バリツのおかげで、宿敵モリアティ教授との
争いにも生き残ることができた。

バリツとはいったい何か。
長年論争になってきた。
それは「バーティツ」のことではないか。
ウィリアム・バートン=ライトという英国人が
英国にもともとあったステッキによる護身術と
日本の柔術を組み合わせて考案した武術、
「バーティツ」。
それが近年定説になってきた。

短編『空き家の冒険』が書かれる
前の年、1902年は、折しも、
日本と英国が日英同盟を結んだ年だった。



topへ

古居利康 19年11月23日放送


コナン・ドイルと日本

名探偵シャーロック・ホームズの
生みの親、コナン・ドイル。

家が貧しく、
幼少時は裕福な家に預けられた。
この家にほぼ同い年の少年がいて、
終生の親友になった。

その親友、ウィリアム・K・バートンは
1887年、上下水道の技師として、
日本に旅立つ。やがて、
日本名「バルトン」で親しまれ、
浅草十二階などを設計する。

ホームズが身につけていた日本の武術、
バリツの創設者バートンと、
日本に渡ったまま帰らなかった
幼なじみバートン。

同じ名をもつ二人のバートンと、日本。
名探偵生みの親は、
奇妙な因縁を感じていたかもしれない。



topへ

渋谷三紀 19年11月17日放送

hemiolia
あの人の料理帖 森茉莉の“卵”

ウフ・ジュレにオムレット・オ・フィーヌゼルブ。
森茉莉のエッセイに登場する卵料理は、
声に出すと思わず口角が上がる。

卵の殻の表面から、
新雪に白砂糖、さらには上等な西洋紙や
フランスの仮綴じの本までを想像したり、

ゆで卵をつくる様子を、
「銀色の鍋の中に、透明な湯が泡をたてて渦巻いていて、
その中に真白な卵が浮き沈みしている」
なんて歌うように書ける人を、
私は茉莉のほかに知らない。

文字で味わう料理は、幸福と空腹をつれてくる。
食べるということは、
生きる喜びとどこか深いところでつながっているのだ。



topへ

渋谷三紀 19年11月17日放送


あの人の料理帖 幸田文の“味噌”

「みそっかす」という随筆がある。
書いたのは幸田露伴の娘、文。

露伴はとりわけ文に厳しかった。
できのいい姉に比べて自分はみそっかす。
だから父に愛されないのだと、
文はずっと思っていた。
娘の思いを知った露伴はこんな言葉をおくる。

 人には運命を踏んで立つ力がある。

代々伝わる行儀作法と家事の仕方のすべてを、
文に伝えようとしていた露伴。
厳しいながらも深い父の愛情に、文は気づく。

そういえば、味噌をこした後には、
芯の強いところが残る、
という話もある。



topへ

渋谷三紀 19年11月17日放送


あの人の料理帖 歌川国芳の“海老天”

江戸の浮世絵師、歌川国芳は
多くの美人画を残した。
その一枚が「園中八撰花・松」。

松を背にした女性が手にするのは、
串に刺した海老の天ぷら。
江戸湾から揚がったものだろう。
庭見物の合間なのか語らいの最中なのか
視線を左に向け、
口元に手を添えている。
いたずらっぽく笑う姿が愛らしい。

次の瞬間こちらを向き、
胡麻油をたっぷり吸った衣を
サクサクかじるところまで、
こちらに想像させる。

食い気は色気。
生き生きと生きるちからは美しい。



topへ

渋谷三紀 19年11月17日放送

甘 單
あの人の料理帖 土井善晴の“塩むすび”

60年以上つづくNHK「きょうの料理」に伝説の回がある。
土井善晴先生の「塩むすび」。

新米のおいしさやおむすびについて7分半語り、
そこから手に塩をつけ
おむすびを握った土井先生。
塩むすびだけで15分の放送をのりきったことに、
視聴者は拍手を送った。

塩むすびのポイントは二つ。
キレイに手を洗うことと熱々のご飯を握ること。
最後に土井先生は、
「大きさや形には、ばらつきがあっていいんですよ」
と主張した。

つい形にとらわれてしまうけれど、
大切なのは、食べておいしいかどうか。
料理は、生きることの基本を思い出させてくれる。



topへ

厚焼玉子 19年11月17日放送


あの人の料理帖 吉田兼好の“大根の兵隊”

九州で警備隊長の職についていた人が
大根を薬であると信じて毎朝2本づつ食べていた。
あるとき、館に人がいなくなった隙を見て
敵が襲って来たが、
見たこともない兵隊がふたりあらわれて
敵と戦い、とうとう追い返してしまった。

助かりました、あなたは誰?と訊かれて
兵隊は答えた。
「日頃目をかけていただいている大根でござる」

「食は人の天なり」と徒然草に書いた吉田兼好の
ちょっと気楽な食の話である。



topへ