大友美有紀 13年5月5日放送


「父と息子」ルノワール

「どん底」「大いなる幻影」「ゲームの規則」
1930年代、トーキー映画の幕開けの時代、
次々と傑作を世に送り出した映画監督。
ジャン・ルノワール。
父親は、印象派の巨匠、オーギュスト・ルノワール。
映画は芸術か?と問われれば、映画も庭いじりも
ヴェルレーヌの詩やドラクロワの絵と同等に芸術だという。

 父は私に芸術の話などしたことがない。
 この「芸術」という言葉に我慢がならなかったのだ。
 こどもたちが絵をやろうと、芝居か音楽でも
 まったく勝手だった。
 ただし、それをやりたいという気持ちが
 限りなく強くなって、
 どうしてもやらずにいられないようにならなければ、
 駄目なのだ。


ジャンの一生は、オーギュストが与えた影響を
確定しようとする試み費やされた。
抜け出そうとしたり、学んだことを実行したり、元に戻ったり。
彼の映画は、父の影響を隠せば隠すほど、
父を感じるものになった。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA