閑話休題。育児中の母が食べたいものの話し。

営業のニシダさんは、奥さまが専業主婦をしていて、
ふたりのカワイイお子さんも主に奥さまが育てている。

ある日、ニシダさんは奥さまを慰労しようと考えた。
実家の両親に子どもたちを預け、
久しぶりにふたりで外食をすることにしたのだ。
さあ、どこへ行こう?
キミが食べたいものを思いっきり食べよう!
張り切るニシダさんに、奥さまはこうリクエストした。
「ラーメン食べたい」

そして夫婦は仲良く、アツアツのラーメンをすすったのでした。
めでたしめでたし。

ニシダさん曰く、「妻の気持ちがわからない」とのこと。
私はですね、めちゃくちゃわかりますっ!!

というかわが家もまったく同じ話しがあったのです!
仕事復帰のちょっと前に、
オットが実家の両親にすーさんを預けて外食に誘ってくれたのです。
「お寿司でも食べようよ!」って。

「…はあ?」って感じです。
「キミは本当に何もわかってない」と。

寿司なぞは赤子を抱きながらでも安全に食べられるのです。
むしろ、育児中の母親のために進化した食べ物が
寿司なのではないでしょうか。
右手でひょいとつまんで、ひとくちでぱくっと食べられる。
万が一ごはんつぶ(醤油付き)が赤子に落ちたとしても
なんの危険もありません。ひょいぱく。
それが寿司!ビバ!寿司!

その対極にあるデンジャーメニューが、
アツアツの汁モノなのです。
特に麺類!ツユが飛ぶ!!赤子に!!
超危険!!!!

だったら赤ちゃんが寝てる隙に食えよ!
とお思いの方もいらっしゃるでしょう。
そりゃそうです。

しかし赤子というものはどんなにすやすや寝ていても、
母がインスタントラーメンにお湯をそそいで
うきうきの3分が経ったタイミングで目を覚ますものなのです。
うどんに満を持して天かすを投入したタイミングで
いきなりぐずるものなのです!

うう、私のラーメン、私のうどん(天かすはカリカリのうちに食べたい)・・・。

というわけで、私が仕事復帰してまずやったことは
丸亀製麺でアツアツのうどんをはふはふすることでした。
もちろん天かすはカリカリでね!

という話しをニシダさんに熱く語ったところ
「寿司を提案しなくて命拾いした…」と感謝されました。
よかったよかった。

«    »

topへ

コメント / トラックバック 4 件

  1. 厚焼玉子 より:

    ラーメン….
    育児中でなくても無性に食べたくなるときがあるな〜。

  2. 石橋涼子 より:

    食べられるときに食べたいものを食べるのが一番だと思います!
    (飲酒後のラーメン除く)

  3. 厚焼玉子 より:

    でも育児中のみならず
    腎臓や肝臓や結石や重すぎる体重や
    広すぎる横幅やアレルギーのせいで
    食べたいものを食べられないことはあるわけだし、
    原因が育児ならば、はっきりと期間限定が見えているので
    まだマシな気がするですよ。

  4. 石橋涼子 より:

    うむむ、確かにそうですね!

    これからは育児中のママ&パートナーには
    育児中はラーメンやうどんの魅力を再確認できるチャンス期間!
    とポジティブに伝えようと思います!

コメントをどうぞ

CAPTCHA