小林慎一 16年7月17日放送

160717-01 Bob Lord
暗号解読と数学篇

第二次世界大戦。
ドイツの暗号システム「エニグマ」は
1億5千万通りの百万倍の百万倍の百万倍
の設定が可能だった。

イギリスの暗号解読班は
古典学者と言語学者で占められていたが
数学の研究者が必要だと判断した。

コンピュータの原型である無限計算機の開発者
アラン・チューリングがイギリスの暗号解読班に参加した。

チューリングは、
エニグマの全設定をチェックする巨大な装置をつくった。
その装置は、回線がつねにカチカチと音を立てるため
爆弾と言われた。

戦況は一変した。

第二次世界大戦は物理学者の戦争と言われた。

しかし、
長い間、秘密のベールに隠されていた
チューリングのチームの存在が明らかになった今、
第二次世界大戦は数学者の戦争だったのだ。


タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA



login