石橋涼子 17年1月29日放送

170129-07
宇宙のはなし スルタン・ビン・サルマン

あまりにも近くにあると、
その存在の大切さに気づかないことが多い。

なんて言うと、恋愛の格言や仕事の秘訣みたいだけれど、
距離があるからこそ見える価値というものはある。
たとえば宇宙スケールの距離で。

1985年に、スペースシャトル・ディスカバリー号に乗った
サウジアラビア初の宇宙飛行士、
スルタン・ビン・サルマンはこんな言葉を残した。

 最初の一日か二日は、みんなが自分の国を指さした。
 三日目、四日目は、それぞれ自分の大陸を指さした。
 五日目、私たちの目にうつっているのは
 たったひとつの地球しかないことがわかった。



タグ:

«    »

topへ

コメントをどうぞ

CAPTCHA