三島邦彦 13年6月15日放送


その男、チェ・ゲバラ

哲学者のサルトルは彼を「20世紀で最も完璧な人間」と呼び、
ジョン・レノンは「世界で一番かっこいい男」と呼んだ。

革命家チェ・ゲバラ。
アルゼンチンに生まれ、ラテンアメリカを旅し、
キューバに革命をもたらした男。

生涯にわたりラテンアメリカの解放を訴え続け、
各地でゲリラ戦を繰り返し、最後はボリビアで命を落としたその人生。

革命へのあくなき情熱。
その原動力はなんだったのか。
ゲバラは、こう答えた。

滑稽だと思われるかもしれないが、
真の革命家は偉大な愛に導かれていると言わせてもらおう。





topへ

三島邦彦 13年6月15日放送


その男、チェ・ゲバラ

革命には血がつきもの。
キューバに革命をもらたしたチェ・ゲバラも、
いくつもの戦闘を経験した。
しかし、彼自身は決して戦いが好きなわけではなかった。
ゲバラは語る。

戦争に備えることを努力の中心に据えてしまったら、
われわれが望むものを建設することは不可能だし、
創造的な仕事に集中することができないからである。

また、ゲバラはこうも言っている。

国立銀行の金庫から出て行くお金で一番わびしく思えるのは、
破壊兵器を購入するために支払われるお金である。


topへ

三島邦彦 13年6月15日放送


その男、チェ・ゲバラ

革命家チェ・ゲバラは医者だった。
幼いころにぜんそくを患った
経験から医学を志した。
若き日の南アメリカ縦断旅行の途中でも、
それぞれの土地の医療の在り方を観察した。

キューバでの革命を成し遂げた後、
医学生に向けての演説で、ゲバラはこう語った。

医者というものは、世の中で何が起きようと
絶えず患者のそばについていて、
患者の心理状態を深く知り、
痛みを感じとりそれを癒す者の代表である。

人の痛みを知ろうとする姿勢。
革命家になってもゲバラはそれを忘れなかった。


topへ

三島邦彦 13年6月15日放送

Paul McAlpine
その男、チェ・ゲバラ

キューバ革命が成功し、
チェ・ゲバラは革命の象徴になった。
自分がキリストのように崇拝されることに関して、
ゲバラはこう言った。

僕はキリストじゃないし、慈善事業家でもない。
キリストとは正反対だ。正しいと信じるもののために、
手に入る武器は何でも使って闘う。
自分自身が十字架などにはりつけになるよりも、
敵を打ち負かそうと思うのだ。


topへ

三國菜恵 13年6月15日放送

Paul McAlpine
その男、チェ・ゲバラ

革命家というのは、
その行動の大胆さから
荒々しい性格なのではないかと
つい思いがちだけれど、

キューバ革命を成功させた チェ・ゲバラは、
実に慎重な姿勢の持ち主だった。

彼は、著書『革命戦争の足跡』の中で、
革命の記録をつづるにあたり、こんな心がまえを示している。

私たちが唯一願うこと、
それは物事の語り手が真実を述べることだ。

自分の教養と才能に従って、
自らのやり方で原稿を数枚書いたら、
できる限り厳しく自己批判をしてほしい。

そして、厳密には事実でない箇所、
完全なる真実という確信が持てない部分を
全て削るのだ。

こうした気概をもって、
我々は記憶の記録を始めることにしようではないか。


topへ

三國菜恵 13年6月15日放送


その男、チェ・ゲバラ

革命家 チェ・ゲバラ。
彼のポートレイトは若者たちのTシャツのモチーフになるほど、
その顔が、現代風に言うところの
“イケメン”であったことも知られている。

彼が妻と新婚旅行に行った時。
旅先のチチェインツァーという場所で
あるハプニングが起こる。

2人は映画の撮影現場に遭遇。
野次馬としてのぞき込んでいたら、
こどもたちがゲバラを映画スターと勘違いして
サインを求めてきたのだ。

困ったゲバラ。こんなことばで切り抜けた。

「僕は忙しいんだ。」

夢を壊してはいけないと、
映画スターを気取ってじょうずに断った。
その行動に、彼の人格がうかがえる。


topへ

三國菜恵 13年6月15日放送

Paul McAlpine
その男、チェ・ゲバラ

革命家でもあり、医師でもあったチェ・ゲバラ。
彼には、とりわけ気にかけていた患者がいた。

マリーア婆さん、というぜんそく持ちの患者。
昼夜を問わず彼女のために病院へ駆けつけ、
その熱心さは、妻も首をかしげるほどだった。

なぜそんなにもゲバラは彼女を放っておけなかったのか。
その生涯をひも解くと、見えてくる。

マリーア婆さんは
生涯、洗濯屋として働き、
たった一人の娘と、孫を数人だけをのこして
貧しくこの世を去ろうとしている人だった。

彼女の姿はゲバラの目に、
最も忘れられ、最も搾取された階級の
生きる証人のように映っていた。

彼女の死を経て、ゲバラは世界を変えようと奮起する。

生涯君の希望を裏切り続けたひどい神様には祈らないでいい。
君の孫たちは皆幸せに生きることを、
僕は約束します。


topへ

佐藤理人 13年6月9日放送

Paul McAlpine
ロックの日①「イギー」

パンクのゴッドファーザー

ことイギー・ポップは、
パンクのイメージとは程遠い男だ。

高校時代は優等生で大学にも進学。
音楽を始めるにあたっては、
どうすれば他のバンドと差別化できるか
を徹底的に研究した。

ロックンローラーである前に、
彼は優秀なマーケッターだった。

彼が結成したバンドは

Stooges(愚か者たち)

という。

本当に賢い者だけが、
愚か者のフリをできる。

今日は6月9日、ロックの日。


topへ

佐藤理人 13年6月9日放送


ロックの日②「レノン」

僕らはキリストより人気がある。

ジョン・レノンのこの発言は大いに物議を醸した。
レコードは焼かれ、ラジオ局は
ビートルズの曲をかけるのをやめた。
コンサートでは演奏中に爆竹が鳴らされ、
何度も「殺す」と脅された。

この発言には、実は続きがある。

ロックンロールとキリスト教と
どちらが先に廃れるかはわからない。
キリストの弟子たちが
キリスト教を墜落させてしまった。


彼が本当に言いたかったのは、
それが残るかは、始めた人より、
受け継いだ人にかかっているということ。

ビートルズが解散してから約40年。

彼らの弟子は今日も世界中で
ロックンロールを布教し続けている。

今日は6月9日、ロックの日。


topへ

佐藤理人 13年6月9日放送


ロックの日③「スプリングスティーン」

アルバムの発売を延ばすべきか否か。
ブルース・スプリングスティーンは迷っていた。

いよいよ彼の時代が来る。
そんな声も聞こえる中で発表する3枚目は勝負の一枚。
失敗は許されない。

曲はすべてできている。
しかし頭の中で鳴っている音にどうしてもならない。
なんといっても目標はビートルズの「Let it be」なのだ。
半端なことで妥協するわけにはいかなかった。

高まる周囲の期待と自らの完璧主義の間で
スプリングスティーンは揺れた。
そして遂に覚悟を決める。

 発売日は一時だが、レコードは永遠だ。

発売日どころかツアーまで延期し、
自分の欲しい音を徹底的に追求する、
この姿勢こそ正にロック。

完成したアルバム「Born to run」は
「ローリング・ストーン誌が選ぶベストアルバム500」
において18位を記録する。

自らの予言通り、彼は見事永遠を手に入れた。

今日は6月9日、ロックの日。


topへ