蛭田瑞穂 12年9月8日放送


作家が暮らした家③石井桃子

『クマのプーさん』の翻訳や『ノンちゃん雲にのる』の
著作で知られる児童文学作家の石井桃子。
昭和33年、石井は自宅に子どものための図書館「かつら文庫」を開いた。

図書室にあてたのはいちばん日当たりがよく、出入りもしやすい1階の部屋。
庭にある大きな月桂樹を通ってすぐの場所にあった。

石井は子どもたちのために本を集め、
子どもたちもまた石井に本の感想を話すのを楽しみにしていたという。

子どもたちが実際にどんな本を喜び、
どんなふうに書いてあればおもしろいと思うのか、
それがわからなければ、いい本はつくれない。
石井桃子は著書の中でそう述べている。

topへ

蛭田瑞穂 12年9月8日放送

kazutan3@YCC
作家が暮らした家④澁澤龍彦

1966年、作家澁澤龍彦は北鎌倉に家を建てた。
施工にあたって澁澤は建築家に次のような要望を伝えたという。

一、当世流行にのらざること。
二、材料、仕上げ、色彩などできるだけ制限し、華美にならざること。
三、人間空間、クラシック家具及び調度に耐えられるインテリア。
四、ただし食事や衛生のための諸設備は、最新の便利さを存すること。
五、総じて古いものへの郷愁に陥らず、そのよさを再発見し、
  さらに新しいものを正当に評価すること。

完成したのは、明治の洋館風の建物。
薄いミントグリーンの外壁が鎌倉の緑に美しく映えた。

この家で澁澤は亡くなるまでの21年間を過ごした。
澁澤の亡き後も、書斎や応接間は妻によって生前のまま保たれ、
本の並びから鉛筆削りの位置まで、何ひとつ変わっていないという。

topへ

蛭田瑞穂 12年9月8日放送


作家が暮らした家⑤種村季弘

ヨーロッパの幻想文学や異端文化を日本に紹介し、
1960年代のアングラ文化の担い手となったドイツ文学者種村季弘。

種村が終の棲家としたのは神奈川県湯河原の高台に建つ家。
書斎の窓からはみかん畑が見下ろせ、遠くには箱根の十国峠も望めた。

その家に集まるのは個性の強い作家や芸術家たち。
毎年正月には「種村宴会」と呼ばれる新年会が開かれ、
ドンチャン騒ぎが繰り広げられた。

そんな中、誰よりも大声で笑っていたのは家の主。
そんな種村を客人たちは「笑うドイツ文学者」と呼んでいた。

topへ

蛭田瑞穂 12年9月8日放送


作家が暮らした家⑥横山隆一

漫画『フクちゃん』の作者として知られる横山隆一の家は鎌倉にあった。

「民間の迎賓館」と呼ばれた横山の家には
さまざまな分野の著名人や文化人が集まった。
川端康成、岡本太郎、團伊玖磨、小津安二郎、手塚治虫・・・。

2001年に横山が亡くなった後、
その邸宅はカフェとギャラリーに生まれ変わった。

今では桜の木や藤棚、プールなど、
横山隆一の愛した庭を眺めながら、お茶を愉しむことができる。

topへ

蛭田瑞穂 12年9月8日放送


作家が暮らした家⑦開高健

 ふつう私は小説家として暮らしている。
 ここ五年ほどは湘南海岸の茅ケ崎市である。
 海岸から三百メートルか四百メートルほどのところで
 ひっそり起居している。
 月曜日と木曜日の夕方になると二キロ離れたところにある
 水泳教室へ行くために外出するが、
 それ以外はほとんど家にたれこめたきりである。


作家開高健は1974年、東京杉並から湘南の茅ケ崎に居を移した。
58歳で亡くなるまでの15年間をそこで暮らした。

現在、開高健記念館として残るその家には
当時のままの書斎が保存されている。

壁に飾られているのは開高の愛した品々。
自らが釣り上げたキングサーモンやイトウの剥製。
何種類ものルアー。アラスカの地図。

書斎では作家の息遣いが今も聴こえる。

topへ

石橋涼子 12年9月2日放送

Fernando Stankuns
果物のはなし 古賀稔と渥美清のバナナ

独特の節回しと愉快な口上で人々を楽しませる
バナナのたたき売りにプロがいることは、あまり知られていない。
そのひとり、古賀稔は、50年以上前から
九州・中国地方を渡り歩いてバナナのたたき売りをしている。

遠い昔のある日、古賀の前にひとりの男がふらりと現れた。
ちょいと教えてくれよ。
と声をかけてきたので、ちょいと教えてやったのだと言う。

その男は、フーテンの寅さんこと、若き日の渥美清だった。


new-york-city
果物のはなし 世界一有名なリンゴ

1700年代後半、
ひとりの若者がカナダの開拓地に移住した。
彼は、森で見つけた野性のリンゴの木を
庭に植えかえて育てることにした。

若者はやがて父になり祖父になり、
たった一本だったリンゴの木もていねいな接ぎ木によって
一族を増やしていった。
いつしかそのリンゴはアメリカでもっともポピュラーな品種になった。

そして1980年、
ひとりのエンジニアが開発中のマシンに
好物のリンゴの名前をつけた。

リンゴの名前は
最初の一本を育てた若者にちなんで
マッキントッシュという。
2012年の今、世界でもっとも有名なリンゴだ。


topへ

熊埜御堂由香 12年9月2日放送

windyboy
果物のはなし 木村秋則のりんご

葉っぱが真っ白になるほどの農薬を散布してこそ、
真っ赤な美味しいりんごが収穫できる。
それがりんご農家の常識だった。

その常識を変えた男、木村秋則(きむらあきのり)。
青森のりんご農家の婿に入り、
農薬散布に疑問を抱いた。
そして試行錯誤をはじめる。
数年収穫はゼロ。
水道代も払えずメモを取るノートも買えない。
死のうと、ひとり入った山で、ふと気づいた。
一滴の農薬も使わない木々が、葉をつけ生きている。
畑の土を山の土と同じようにしよう。

それから木村は畑の雑草を刈ることをやめ
害虫をむやみに殺すことをやめた。
だんだんと畑は元気を取り戻し無農薬栽培を
はじめて9年後に畑いっぱいにりんごの花が咲いた。
畑には野山のような連鎖がおこっていた。
その実は奇跡のりんごとよばれ、評判になった。
木村は愉快そうに言う。

りんごの花は上を向いて咲くのな。
桜の花は下を向いて花見を
するひとのほうを見て咲くでしょ。
リンゴは人間を気にもしてないの。
ちょっと威張っているのな。

topへ

小野麻利江 12年9月2日放送


果物のはなし 大楠道代の水密桃

実り、熟れて、やがて朽ちる。
果実の中には、「死」のイメージが
少なからず見え隠れする。

映画監督・鈴木清順の代表作
『ツィゴイネルワイゼン』は、
果実のそんな側面を、
描写の中に、みごとに取り入れている。

主演女優・大楠道代が、
劇中でむさぼるように桃に齧りつき、

水密桃は腐りかけているときがおいしいの

こう言い放つさまは狂気と幻想をはらみ、
今でも多くの映画ファンの心を、捕えてやまない。


topへ

薄景子 12年9月2日放送


果物のはなし アレックスちゃんのレモネード

その女の子の名前は、アレックスちゃん。
1歳になる2日前に小児ガンが見つかり、
物心つく前からガンと闘ってきた女の子。

アレックスちゃんは、同じ小児ガンと戦う友だちと
ふたりでガンをやっつけようと約束します。
しかしその矢先、友だちの死に直面。
そして、彼女は決意するのです。

「ママ、私、レモネード屋さんやりたい」

売り上げを病院に寄付して、ガンの薬をつくって、
子どもたち、みーんなを元気にしたい。
そんな一心で、自宅の庭でレモネードスタンドをはじめます。

おつりを寄付する人、遠いところから駆け付けてくれる人。
アレックスちゃんの夢を支えたいと、
やがてスタンドはアメリカ全50州に広がり、
病院への寄付金は膨大な額に上りました。

8歳で天国に旅立つまで、ぎりぎりの力を振り絞って
みんなを元気にする夢を追い続けたアレックスちゃん。
そんな彼女が残した言葉。

「人生が、酸っぱいレモンをくれるなら、
 それで甘いレモネードをつくればいい」

topへ

茂木彩海 12年9月2日放送


果物のはなし 角田光代と梨

忙しくなると、めっきり果物を食べなくなる。
バナナのように簡単に皮がむけるものはさておき、
りんごや梨など秋の果物は、冷やしたり、切ったり面倒だ。

梨好きの作家、角田光代は、果物は娯楽であると言いきる。
ごはんや野菜と違って食べなくともなんの支障もない。
だからこそ、果物には、毎日の余裕があらわれる。

角田は言う。
「そんなに駆けまわらず、あくせくせず、優雅に梨の皮を剥きたいものです。」



rocky
果物のなはし 吉本ばななとバナナ

新人文学賞選考委員の中村真一郎は、
なによりもその「途方もない筆名」に驚いたという。

吉本ばなな。

学生のころアルバイトをしていた喫茶店でバナナの花を見かけた彼女は、
その姿、形に一目ぼれ。
「あんなに大きくて変なものがこの世にあるなんて、それだけで嬉しい」

ばななのそんな感性に出会いたくて、
今日も誰かが、彼女の本を手に取るのだろう。

topへ


login